プライバシーポリシー

大阪商工会議所では、以下のとおり「個人情報保護基本方針」を定め、個人情報の適正な保護に最大限の対策を継続して実施しています。

個人情報保護基本方針

大阪商工会議所(以下「本会議所」)は、商工会議所法に基づいて設立された地域総合経済団体として、会員企業・団体はもとよりさまざまな規模や業種の商工業者、団体、地方公共団体、研究・教育機関の情報を取り扱っています。
このため、本会議所の事業活動を通じて得た個人情報の保護に努めることを社会的責務と認識し、以下の方針に基づき、本会議所が保有する個人情報の適正な保護に最大限の対策を継続して実施いたします

(1) 登録情報の保護・管理
ユーザー登録・案件登録された情報は、パスワードで保護されています。また、強固なファイアウォール設定により不正アクセスを防止するなど、登録情報を厳重に保管するための対策を実施しています。ユーザーの皆様は、プライバシー保護およびセキュリティのため、パスワードを厳格に管理いただき、第三者に知られることのないようご注意下さいますようお願いします。

(2) 個人情報の収集
本会議所は、適法かつ公正な手段によって個人情報を収集します。

(3) 個人情報の利用
本会議所は、個人情報を取得の際に示した利用目的の達成に必要な範囲内で、業務の遂行上必要な範囲において利用します。
また、本会議所は個人情報の取り扱いを関連団体間または第三者に委託する場合があります。委託にあたっては、個人情報を適切に取り扱っている委託先を選定し、適正な取り扱いを確保するための契約締結、実施状況の点検等を実施し、個人情報保護に努めます

(4) 個人情報の第三者提供
本会議所は、関連団体間の共同利用や業務委託先への提供の場合を除き、ご本人の同意なしに第三者へ個人情報の提供は行いません。ただし、法令に基づく場 合、人の生命・財産の保護の必要がある場合、警察・裁判所等の公的機関への協力が必要である場合には、この限りではありません。

(5) 個人情報の共同利用
本会議所は、取得した個人情報を関連団体間で共同利用する場合は、共同利用者の範囲、利用項目、利用目的等の事項を、あらかじめご本人に通知するか、ホームページなどにおいて公表します。

(6) 個人情報の適正管理
本会議所は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。また、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する情報セキュリティ対策を講じて適正に管理します。
また、本会議所は業務遂行とは無関係に個人情報を持ち出し、外部へ送信する等により漏えいさせません。

(7) 個人情報の加工について
本会議所は、ご本人からご提供いただいた情報の集計・分析を行い、個人が識別・特定できないように統計資料として加工を行い、各種調査資料として所内でこれを共有したり、行政機関等関係先に提供したりすることがあります。

(8) 個人情報の開示・訂正・削除
本会議所は、ご本人が自身の個人情報に関する開示、訂正、削除等を希望される場合は、合理的な範囲で対応いたします。本会議所の個人情報に関する窓口またはそれぞれの事業担当の事務局までご連絡ください。

(9) 個人情報保護組織・体制
本会議所は、個人情報管理責任者を任命し、個人情報の適正な管理を実施します。また、常勤役員及び職員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務及び退職後における個人情報の適正な取り扱いを徹底します。

(10) 個人情報保護の維持・改善
本会議所は、この方針を実行するため、「個人情報保護に関する大商コンプライアンスプログラム(本方針・『個人情報保護管理規程』及びその他の規程を含む)」を策定し、その遵守状況を点検・評価し定期的に監査を実施するとともに、継続的に個人情報保護の取り組みを見直し改善します。